CIT自律ロボット研究室

千葉工業大学 先進工学部 未来ロボティクス学科 上田隆一研究室

お知らせ: 以前のWordpress製のサイトをラボ主がぶっ壊してしまいましたのでbashcms2に引っ越しました。まだリンク等、おかしいところがあります。 / 

ロボット設計製作論実習3

Thu Sep 19 14:44:51 JST 2019 (modified: Fri Nov 29 21:34:18 JST 2019)
views: 53, keywords:

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
   

おしらせ

旧講義の情報

新マニピュレータのテキスト

工作について

図面チェック項目

製作論3で提供する材料

  • シャフト(表面研磨の炭素鋼相当):φ2,φ3,φ4,φ6
  • 板材(アルミ):t1, t2, t3
  • 板材(ポリアセ):t5, t6, t8, t10
  • 板材(ポリカ):t2, t3
  • 円柱(樹脂):φ10,φ20
  • アングル(アルミ)10*10*t1,20*20*t1,30*30*t1.5
  • ベアリング:φ3用(MF63 ZZ),φ4用(MF84 ZZ)
  • eリング:φ3用(ESTW-2.3),φ4用(ESTW-S4)

注意

  • これ以外の材料を使う場合には10月中に相談のこと
 

マニピュレータ講習日程(2019年度)

Google ChromeとTera Termが必要なのでマニピュレータの講習までに使用するPCにインストールしておいてください。 前半13:40~、後半14:50~
  • 9/30: A, B
  • 10/7: C, D
  • 10/14: E, F
  • 10/21: G, H
  • 10/28: J, K
  • 11/4: L, M
  • 11/11: N, P
  • 11/18: Q, R
  • 12/2: S, T

ロボットの操作