CIT自律ロボット研究室

千葉工業大学 先進工学部 未来ロボティクス学科 上田隆一研究室

お知らせ: 以前のWordpress製のサイトをラボ主がぶっ壊してしまいましたのでbashcms2に引っ越しました。まだリンク等、おかしいところがあります。 / 

確率ロボティクス(大学院2018年度秋学期)

Wed Sep 19 09:56:41 JST 2018 (modified: Fri Nov 29 16:37:42 JST 2019)
views: 20, keywords:

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
   

本年度から私の(書きかけの)教科書を使います。

講義の進め方

  • 教科書を読みながら板書していきます。
  • コードを実装してみる。

準備

  • Jupyter Notebookのインストール
  • GitHubを使いこなせるように

テスト・レポート等

  • 課題は2回
    • 各20点(+α)
  • テストは1回
    • 60点
  • 出席
    • 遅刻、早退は0.5回とカウント

参考図書

  • Thrun et al.: Probabilistic ROBOTICS, MIT press, 2005.
  • Bishop: Pattern Recognition and Machine Learning, Springer, 2006.

課題1

  • 講義で使ったカルマンフィルタのコード について、動作を確認してなるべくたくさん何をしているのかをコメントとして書く。
  • 提出方法
    • GitHubにノートブックを置く(リポジトリをforkしても良い)
    • 上田までURLをメール
    • メール
      • 件名: 確率ロボティクス2018年課題1
      • 内容に学籍番号、氏名を書いてください
  • 期限
    • とりあえず再来週まで
      • ただ、成績をつけるまで待ちます