共同研究

LINEで送る
Pocket

当研究室では、世に新しいものを共に粘り強く産み出すパートナーを探しております。まだまだ研究室は非力ですので、実施するかどうかはともかく、とりあえずなんでもホイホイとお伺いします。

2017年度は2018年2月の段階で3件の共同研究を実施しています。なお、実施に関しては千葉工業大学を通した契約になり、法令や大学の諸規定を双方が遵守しながらということになります。

共同研究に適したケース

  • オープンソースを継続して開発したい
    •  自社製品のためのソフトウェアでも、開発者の名前がGitHub等に残るならOKです。
  • 互いに興味のある難問に何年もかけて挑みたい
  • 学生および上田の自由な(わけのわからん)発想にちょっとだけ期待したい
  • 上田研にある○○という技術を使ってみたい

他、博士号を持った方を直接の担当者にできると話が色々スムーズに進むと思いますが、これは少しおこがましいお願いかもしれません。

委託研究に適したケース

以下の場合は委託(大学側では受託)になります。ただ、上記のように非力であること、上田自身のロボットに関する研究テーマは、お金にならなくて誰も手をつけない実用とは程遠いものであること、学生は労働力でないことをご相談の前にご理解ください。

  • 「いつまでに○○を作りたい」
  • 「学生に○○を作るのを手伝って欲しい」

現在実施中の共同研究

  • 3件

 

LINEで送る
Pocket